パチンコの大当たり確率は収束するのか

パチンコの大当たり確率が理論値に近づくのか検証するブログ

パチンコ演出の過剰と客の反応

こんにちは。


今日のテーマは、パチンコ演出についてです。


私のパチンコ歴は、12~13年くらいになりますが、実は本格的にパチンコにハマっていたのは、2009年以前のことです。
今後記事となる、「思い出のパチンコについて」語る場合も、そのほとんどの機種が2009年以前のものとなります。



2009年以降は4円パチンコはほとんどやらず、パチンコについての考え方が変わったことは、以前の記事「1円パチンコの魅力」で紹介しました。
正直言うと、2010年以降はほとんどパチンコやっていません。
今年になって久々にやり始めたという感じです。


そのため、パチンコ演出についてはかなり当時(2009年以前)の記憶が根強く残っております。


当時と今のパチンコで一番違うと思ったのは、やはり演出の圧倒的な迫力とボリュームでしょうか。
本当にこの点に関しては当時の10倍くらいの派手な演出がわんさかと出ます!


その反面、よく耳にするのが過剰演出に対しての批判ですね。


この演出で当たらないなら、一体なんだったら当たるの?
リーチから変動終了までに3分くらいかかる。正直長ったらしい。
昔の台で絶対当たった演出なのに、今の台ではチャンスに格下げ。
等々・・・。


演出については、人それぞれだと思いますが、個人的には演出で盛り上げてくれることについては、今のところマイナスなイメージはないですね。
ただ4円パチンコとかで結構投資しちゃっている場合、こんだけ熱い予告が来たのに外れたなんてことがあったら、熱くなっている分ショックも大きいのかな~なんて思います。


過剰な演出は、当然大当たりの期待を上げますから、外した時のショックは期待に反比例する形で打ち手に返ってくるわけですよ。


そう考えると、あまりにも過剰な演出は、かえってお客の怒りを買いやすくなるとか・・・そんな風にとらえられなくもないと思います。


まぁ、この問題に関しては、個人の好き嫌いの部分が大きいので、あとはメーカーさんの作る演出がどこまでユーザーを楽しませられるかではないでしょうか。



こんな感じで、パチンコの演出についてはうるさくないと思われる私ですが・・・
こんな演出は嫌いだとはっきり思う物もあります。


なので、次回の記事は「こんな演出は嫌いっ」をランキング方式にしてお伝えしようと思います。


今日も読んでいただき、ありがとうございました。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。