パチンコの大当たり確率は収束するのか

パチンコの大当たり確率が理論値に近づくのか検証するブログ

花の慶次 一騎駆RUSHがやりたくて

今日の実戦は、CR真・花の慶次2(1/319)です。


実戦に入る前に、初代慶次の話をちょこっとだけ。
慶次といえばキセル、キセルと言えば慶次というくらい、初代のキセル予告はかっこよかったですね。


そして、初代慶次があれだけヒットした背景には、通常時の大当たり演出のバランスが神がかっていたことがあげられます。これは当時本当に言われていたことです。
キセルだけが全てじゃない。慶次系リーチはもちろんのこと、伊達・真田・奥村・直江すべてに当たる可能性が秘められていた。おふうでもたまに当たります(笑)。
爆発力も魅力の一つでしたが、私自身は慶次の魅力は通常時にあると思ってました。


決してスペックが優秀だったわけではありません。20%の小当たり(通常)があったので、実際の大当たり確率は1/500近に近かったんでしょう。
それでも人気が徐々に出て、最終的には爆発的ヒットになれたのには、様々な要因があったんですね。



さてそんな慶次の思い出もそこそこに、いざ修羅に入るぞーー!


開始2回転目、いきなりチャンスは訪れます。ボタンがバイブして、リーチ。
すると慶次が3Dで前面に迫り「前田慶次 参る!」と叫びます。いきなり金文字、慶次3D演出!


キセルはないが、かなり熱い展開!


・・・・しかしこれを外す(汗)。。


正直今の台では熱すぎるという演出がないと当たらないのかもしれません。そしてその後台は沈黙。
全く熱い展開が来ない(汗)。


パチンコ実戦の記事は、それなりにチャンスが来れば、その辺を面白おかしく記事にしたいんですが、今日は本当に何もチャンスらしいものが来ません。


初代慶次も当たれば爆発力がありましたが、当たらなければとことん当たらない台でしたね~。
目標の一騎駆が出来なかったので次回に期待ということで、今日はここまで。
ありがとうございました。


現在までの結果
通常時総回転数 1610
初当たり回数  1
初当たり確率  1/1610←これは相当やばいニャー(´;ω;`)
11万回転まで・・・まだまだ道は遠い・・・・・Please wait for the next time






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。